ホストの求人「週一」は嘘?副業でホストはやらせてもらえるのか

ホストの求人「週一」は嘘?副業でホストはやらせてもらえるのか

ホストの勤務形態と聞けば、ガッツリ働くイメージが強いのではないでしょうか?その印象が強すぎると、副業でホストをするという発想がそもそも浮かばないかもしれないですね。もしホストの求人で「週一からでもOK」というものがあれば、チャレンジしたいと考える人が増えるかもしれません。週一のホスト求人はあるのかないのか、その実態に迫ります!

 

アルバイトと「レギュラー」の違い

レギュラー勤務のホストは、勤め先のホストクラブが設ける定休日以外は全て出勤しています。週に1日から4日ほど頻度で、ホストクラブに赴き働いている人はバイト勤務。一般の人たちが想像するホストとはレギュラー勤務のホストでしょう。

 

がっつり稼ぎたいなら、レギュラー勤務一択ではないでしょうか。最低保証となる給料がバイト勤務のホストに比べて倍以上になることもあります。実績を残すことができれば、賞与や手当などがついてかなり良い待遇を受けられることもあります。またお店によっては役職につけるチャンスまでもらえることも。ここまで記したことだけだと、天国のようですが、レギュラー勤務のホストにもデメリットは存在します。

 

ホストはROLANDO(ローランド)のように、「アルコールを一滴も飲まずに顧客を楽しませられる接客できてこそ本物」というスタンスの人も確かに存在します。しかしこういったカリスマホストは、例外中の例外といえるでしょう。多くのホストは店に足を運んでくれた女性を楽しませるためにお酒を一緒に飲むもの。毎日大量のアルコールを飲み続けた結果、肝臓を壊してしまうホストもたくさんいます。

 

また生活リズムが崩れやすく、夜型の暮らしを長期間続けることで体調が悪化するケースも…。バイト勤務であれば自由度が高いため、様々な面で思うようにコントロールしやすいのがメリットでしょう。

 

どちらが正解という話ではないため、各々にあった勤務形態を選ぶようにしてくださいね。ホストの世界についてほどんど何も知らないのなら、まずはアルバイトとして入ってから様子を伺うのも悪い手ではありません。

 

ホストクラブの面接って、どんなことを聞かれるの?

 

まだホストとして勤務したことがない人にとって、気になるのは面接での質問内容ではないでしょうか?面接では「お酒はある程度飲めるのか?」「人との会話することは好きか?」などをよく聞かれます。

 

働く側が「最初は週一勤務の副業で考えています」と面接時にしっかり伝えれば、勤務が可能かどうかをすぐに教えてくれるでしょう。

 

最近ではLINE電話での面接で採用、不採用まで決めるホストクラブが増えています。「お店まで出向くと時間がかかるし、緊張しちゃう…」という人には、LINE電話での面接がおすすめです。なおLINE電話でもほとんどがビデオカメラを使ったものとなるため、身なりはしっかりと整えておきましょう。

 

大学生って、どのくらい働いているの?

 

大学生でホストとしての副業を考えており、「週一から週二くらいの緩い勤務ができれば最高なんだけど…」という人がいるかもしれません。最近では大学生のアルバイトホストが増えてまいりました。ホスト世界は縦社会ですので、先輩からキツく言われることを想像して勤務前から胃が痛くなる男性もいるでしょう。しかしアルバイトのホストにスパルタ指導するお店はあまりないのが実情です。ホストクラブの研修を受けて、ドリンク作りや接客のいろはを学べるところもたくさんあります。

 

ルールやノルマをあえて緩めに設定してくれているお店も存在。厳しすぎるところが苦手な人は、緩めのホストクラブから始めてみるのがいいでしょう。

 

ホストの時給ってだいたいどのくらい?

 

お店によって定められている金額が異なるため、一概にいくらとは言いづらいものの、時給に換算した場合およそ1,400円弱となります。「ちょっと少なくない…?」と不満に思う人がいるかもしれないですね。

 

しかしホストの世界は基本的に出来高制です。優秀な成果を上げられればインセンティブがもらえることもあります。副業で週一ペースの勤務だったホストが、実績を評価されてレギュラーへ転身することも珍しい話ではありません。

 

ホストクラブで週一で働く場合、日払いは可能?

 

週一ペースで働く副業ホストにとって、心配なのは日払いが可能かどうかかもしれません。中には早急にお金が必要な人もいるでしょう。

 

結論から述べると日払いは可能です。「全額日払いじゃなきゃ困る…」というホスト志望者もきっといるはず。そういった人の要望にしっかりと応えてくれるお店がほとんどなので安心してくださいね。

 

まとめ

 

今は多様化の時代。ホストの世界でも新しい働き方について模索が続いています。体育会系のノリが苦手な人を対象としたゆる~い世界観のホストクラブが存在することからも、ホストの世界は柔軟性があると読み解けます。最初から「無理に決まってる」と断定するのではなく、まず可能性を探りましょう。もしかしたらあなたが望む形と極めて近い勤務形態のホストクラブだってあるかもしれません。




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。