熟年のシニアが相手をするシニアホスト…求人の内容はどんなの?

熟年のシニアが相手をするシニアホスト…求人の内容はどんなの?

ホストと聞けば若い男性がイケイケの接客をしている印象が強いはず。しかし今はたくさんの種類のホストが増えました。ホスト求人を見ればシニアの年齢に該当する男性を募集しているお店も。なぜシニアホストの需要があるのか、シビアに分析していきます。

 

日本の平均年齢

本人の寿命が伸び続けています。1990年の平均寿命は女性81.9歳男性が75.92歳でした。これが2017年になると女性が87.26歳、男性が81.09歳に。終身雇用が成り立ち還暦まで働いて人生リタイアするなんてライフスタイルは、はるか昔。今はどの世界でも、年齢層が上がっています。

野球の話で恐縮ですが、阪神タイガースの福留孝介選手は、2019年に42歳となりましたがまだ現役として存在感を示しています。彼はチームになくてはならない存在として、注目を集めています。ホストは確かに若手が多いのは事実。

しかしシニア層のホストに需要がないかといえば否でしょう。日本人が働き続ける年齢が上がれば、比例してホストの年齢も上昇していくことが考えられます。そのため「シニアホスト募集!」という情報が求人情報に掲載されていても、特に不思議ではありません。

 

熟年のシニアホスト

還暦を超える現役ホストが存在すると聞けば、あなたはどう思いますか?「ま、マジで!?」「おじいちゃんにホストが務まるの!?」と驚きを隠せないはず。ホストクラブのお店にいるのではなく、出張ホストに限った話ですが、還暦を超えるホストは確かにいます。

シニアにしか出せない味がありますし、会話の引き出しが多いのも間違いないでしょう。シニアホストの魅力を知った女性は、また指名したくなるもの。「気づけばシニアホストの虜になっちゃった…」なんてことがあるかも?

ホストの数だけファンが存在。ルックスが重視されるホストではあるものの、最終的には人間力が問われます。もしあなたの年齢がシニアの範疇で、ホストの求人募集条項をチェックしていて、面接を受けられるならお店に出向きましょう。年齢に関係なく軽いフットワークの持ち主が、ホストとして高い適正を持つことは間違いありません。

 

バーのマスターもある種のホストである

そもそもホストの定義って何でしょう?実は明確な取り決めがありません。お酒を出したりする接客業は多分にホスト的な要素を含んでいます。その視点で見ればバーのマスターもホストに該当。聞き役に徹してお客さんを盛り上げたり癒やしたり、あるいは心地良いツッコミやおもしろトークを提供して笑わせるのもバーマスターの仕事。比較するとホストの業務内容と、とてもよく似ています。

「シニアホストの求人が見当たらない」とお嘆きの人は、バーのマスターも含めて探す、というのもひとつのやり方でしょう。バーのマスターをしていると真面目な人からそうでない人まで、多種多様の人間と接する機会が増えます。この経験が人としての成長につながるのです。バーのマスターを体験してから、シニアホストとして働くという順番は、理にかなっているかもしれないですね。

 

熟年の”ホストクラブ”はある?

「もしシニアのみに絞ったホストクラブの募集があれば嬉しい」と考えている人に向けて、さらに深掘りした情報をお届けしましょう。

かつて浅草などに、還暦を超える男性ばかりが勤めるホストクラブが存在しました。思い切った切り口に注目が集まりました。しかし現在そういったシニアのみをそろえる戦略のホストクラブはあまりないようです。

もしホストクラブで働くとしたら、若い男の子たちに混ざっての勤務になることをあらかじめ知っておくといいでしょう。ちなみに新宿歌舞伎町の「愛本店」は、高い年齢のホストの在籍率が他店よりも高いといわれています。

 

50代より上の年齢でホストはきつい?

ホストクラブの求人情報に目を通すことで「シニアホストのあるなし論争」に、最も早くケリをつけられます。答えからお伝えすると、シニアホストの採用はあり。最年少では「18歳からOK」とされるホストの世界ですが、30歳を超えるとホストクラブ側から、求められなくなります。

しかし見た目が若かったり、他のホストが持たない引き出しがあったりすれば面接してもらうことは可能。電話をかけた際に採用担当者が興味を抱けば「とりあえず一度お店で面接をさせていただけますか?」と告げてきます。

面接の際に魅力のアピールに成功すれば、勤務することだってできます。ただし可能性があるのは40代まで。50代を超えると、面接までこぎつけることさえ難しくなります。

 

まとめ

シニアのホストは確かに存在しますが、年齢を重ねるとだんだんきつくなってくるのは確か。ホストという仕事に魅力を覚える人は、相応の努力を重ねてホストでい続けることも、もちろんあり。ただし「そろそろきつくなってきたから、別の仕事を探したい」という人は、シニアホストの求人広告だけをチェックするのはおすすめできません。別業種に目を向けることも大切。たくさんの選択肢を持っておけば、ホストを廃業したあとでも、食い扶持を稼ぐことができます。柔軟性が求められる時代だからこそ、ひとつのことに固執せずに様々な働き方を模索しましょう。




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。