汎用性抜群! 初対面でも会話を盛り上げる方法

NO IMAGE

ホストをやっていく上で必要不可欠なことは”お客様にいかに満足していただけるか”です。
今回は、どんなシーンでも使える!歌舞伎町ホスト直伝「初対面でも会話を盛り上げる方法」を紹介していきたいと思います。

目次

相手の情報を準備しておく

初めての方と話す時に、何を話していいかわからない、緊張する、相手の目を見られない、
など苦手と感じる要素が多いと思います。

そういう人は行き当たりばったりで初対面の会話をしてしまっていると思います。
これでは話が途中で途切れることが少なくないと思います。

初対面の相手でも、話す前に、相手の情報をできるだけ多く入れることが大切だと言えます。

初対面でも、席に着く前に持ち物や服装を見たり、緊張してる?盛り上がってる?など表情も見ることで、会話の心構えをしておきます。

例えば、

「さっき盛り上がってたけどなんの話ししてたの?」や、
「その服装かわいいね」

など、軽い準備をしておくことで落ち着いてお話することができると思います。

共通の話題を見つけること

共通の話題を見つけることは、
コミュニケーションを取る上で最も重要なことです。

簡単なことですが、共通点はお互いがわかることなので
話が盛り上がることは必至ですし、共通点が見つかると相手も親しみやすくなるからです。

なので、コミュニケーションは共通点探しが基本になります。

探し方としては、身につけているものや趣味の話などの話を振って、相手の反応を見る必要があります。

今この映画にハマっている等の自分が今ハマっていることなどを話の中に混ぜて、相手が共感してくれる内容を探しながら会話することも大切です。

自分の失敗談を用意しておく

ちょっと難しい言葉を使うと、自己開示という、「自分から自分自身の失敗談や恥ずかしい話などを打ち明けることで信頼感が増加し、相手から好感を持たれやすくなる」法則があり、相手もそれと同じくらいの自己開示をしようとするという法則があります。

人は相手のカッコ悪い話や恥ずかしい話などを打ち明けられることで、親しみと好印象を抱き、心を開いてくれます。

これで、初対面の相手でもお互い心を許してリラックスした会話ができるようになるんです。
注意点として、相手が引くほどの失敗談や笑えないエピソードは控えましょうね。笑

あくまでも場を明るく盛り上げるための自己開示だということを考えて使ってみましょう。

最後に

このように少し準備をしておくだけで、初対面の時に緊張したり会話に詰まったりすることが一気になくなります。

準備はプライベートの中でもできるもので、初対面の人と話すときに共通点探しを意識しながら話をすると自然と身につくのではないかと思います。

話し下手の人は、今回挙げた3つのことを意識してみてください。
余裕をもって場を盛り上げられるようになるはずです!

もっとホストの会話術を学びたい人は、下のLINE@ボタンから友だち申請をお願いします!みなさんからのご連絡お待ちしています( ´ ▽ ` )ノ