一流ホストに学ぶ、コミュニケーション術

一流ホストに学ぶ、コミュニケーション術

日々多くのお客様を接客し、おもてなしをしているホスト。

中にはお客様からの信頼も厚く話を聞いてほしい!相談したい!という要望で来店される事も。

彼らは何故会話でそこまでの関係性を築くことができるのでしょうか?

今回は、そんな一流ホストが実際に実践しているコミュニケーション術を紹介したいと思います。

相手がなにを望んでるのかを汲み取る

会話の基本としては、相手の話を聞くことです。

売れてるホストは相手の話を聞くのがとても上手です。

でもただ聞くだけではありません。

話を聴きながら相手がどんな言葉をかけてほしいのか、なにを望んでいるのかを汲み取ることが重要です。

例えば、企業勤めのOLのお客様が来てこんなことを言いました。

「最近会社で嫌な事があって・・・。」

よくある愚痴の1つです。

これに対して、普通のホストは「今日はそんなこと忘れて思いっきり楽しもうよ!」などと励ますでしょう。

しかし、これではお客様が本当に望んでることではありません。

この「最近会社で嫌なことがあって・・・。」という言葉は、愚痴を聞いてほしいというサインであることが多いのです。

一流のホストは、こんな時は「嫌な事があったんだ・・・」と一旦受け止め、お客様が自分の愚痴を話しやすい状態に持って行きます。

もちろん全員がそうだというわけではなく、中にはただお酒飲んで忘れたい場合もあるでしょう。

その時はその時で相手がなにを望んでいるかを察知し対応しましょう。

ただ相手の話を聞くだけではなく「相手が何を望んでいるか?」を汲み取り、接客をする。それが一流ホストとそうでないホストの違いです。

言いなりにならない

話を聞くのが大事だからといって、なんでも「そうだね!」と頷いてばかりではいけません。

時には相手に意見して、言いなりにならないことが大切です

お客様もいくらホストとはいえ、なんでも自分の思い通りに行くと面白みがなくなってしまうものです。

反対意見を言うのは一見するとリスクがある行為のように思われがちですが、はっきりと自分の意見を伝えることで「自分のことを真剣に考えてくれてるんだ!」と感じるお客様も多いでしょう。

一流ホストに学ぶ、コミュニケーション術〜まとめ〜

今回紹介したものは、あくまでも一例です。

本当に重要なのは、この状況だからこの行動をとるとあらかじめ決めておくのではなく、相手の状況を見て臨機応変に対応することです。

お客様の気持ちは常の変化します。

態度や言動を元に、自分が接客をしてるお客様をしっかり観察しましょう。

今どんな事を考えて、どんな環境にいて、何を望んでいるのかを考えれば自ずと正解が見えてくるはずです。

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。