ホストのような髪型にする方法をわかりやすく解説してみた

ホストのような髪型にする方法をわかりやすく解説してみた

ホストのような髪型にしてみたい!どうやったらあんな風にセットできるの?

という疑問を持ったことはないでしょうか?^^

ホスト系の雑誌を見て、この髪型かっこいいなぁ~、と思っても実際どこの美容室なら対応してくれるのかわからない人も多いはずです。

しかも実際、お願いしてみると、色の入れ方が雑誌のものと違ったり、髪型のバランスもちょっと違うような・・・・。

今回は、そんなホストの髪型の疑問について答えていきます。

普通の美容院でホストのような髪型にしてもらうのは難しいの?

結論から言うと、難しいです。

ホストの髪型を美容院で頼んでも、中々雑誌の通りに仕上げてもらえません。

なぜなら、ホストのあの髪型は特別な技術をもったヘアメイクの専属がやっていて、普通の美容師はその技術を知らないからです。

だから、普通のワックスでそれっぽく仕上げようとしても本格的なホストの髪型みたいには絶対になれません・・・^^;

どうしたらホストのような髪型になれるの?

ホスト用のヘアメイクサロンに行ってくれるとやってくれます。

例えば、歌舞伎町では沢山のホスト用ヘアメイクサロンがあって、お店の前に看板が置いてあります。

1回1000~2000円くらいが相場で、混んでなければ、すぐに対応してくれます。

ここで注意しておきたいのが、ホストの髪型にするにはある程度の長さが必要な場合が多いことです。ミディアムよりちょっと長いくらいがちょうどいいです^^

しかし、美容院でカットした髪型では、たとえヘアメイクをしてもらってもやっぱり納得できるような髪型にならないかもしれません。ホスト用の髪型をするにはカットもある程度重要なのです。

だけど、ホスト用のヘアメイクサロンに行けば、かなりホストの髪型に近いセッティングをしてくれます。

みなさん優しいので、色々と相談できますよ^^

本格的なホストの髪型にするにはどうすればいいの?

ホスト専用のヘアアーティストを探すのが1番の近道です。上記のヘアメイクの人に相談すれば友達を紹介してもらえる可能性が高いです。

ホスト専門のカットをしている人はフリーランスとして美容師をやっているケースが多いということです。カラーも現役ホストがやっているようなキレイなグラデーションを出してもらえます

しかし、普通の美容師とは違うカットの仕方をするので、ヘアメイクさんにしっかりと髪型を作ってもらわないとかっこいい髪型にならないというデメリットもあります^^;

それくらいホストの髪型は細部にこだわればこだわるほど、特別なカットや特別なヘアメイク技術が必要になってくるのです。

自分でどこまでできるの?

自分でやるとしたら、ヘアアイロンとワックスとVO5(ヘアスプレー)は必須です。

方法としては

①ヘアアイロンで髪を全部ストレートにする。

②立体感を出したいところはアイロンを使って盛り上げる。(頭のてっぺんなど)

③ワックスを揉み込み髪の束をつくる。

④できたところからVO5で固めていく

という流れです。このようにすれば、ある程度ホストっぽい髪型が自作できます。ホストをやっている人たちは髪型が崩れないようにガチガチにスプレーで固めているので、完全に洗い流すのには2回以上の洗髪は必須です笑

 

こちらの動画なんかもすごくわかりやすいですよ^^

 

ホストのような髪型にするには。まとめ

ホストの髪型になるには特別なカット技術とヘアアレンジが必要です。

ちょっと試したいということであれば、ホスト用のヘアメイクサロンに行けば試すことができますので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

自分で試してみたいということであれば、上記をアイテムを用意してやってみてもよいかもしれませんね!

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。