ホストを辞めた後はどうするの?実際に調査してみた!

ホストを辞めた後はどうするの?実際に調査してみた!

ホストといえば、20代などの若い人が活躍しているイメージはないでしょうか?

人気さえあれば、若くてもたくさんお金を稼げるので多くの方が興味を持っていると思います。

今回は、若くしてホストになった人は、辞めた後どんな人生を送るのか?について書いていきたいと思います。

そもそも、ホストの上限年齢ってどのくらい?

「年齢なんか関係ない!」とはいうものの、夜遅くまでお酒を飲んで、接客するのはかなり大変で体力が必須です。

したがって、体調管理など相応の努力をしていない場合、基本的にはホストの寿命は短いと言えます。

一般的には、働いているホストの年齢としては20歳〜30歳が一番多いでしょう。

これを踏まえ、以下にホストをやめたあとのパターンを3例ご紹介します!

ホストをやめたあとのパターン①:普通の人生を送る

おそらく一番多いであろう道です。

ホストとは全く関係ない仕事につくパターンです。

普通のサラリーマンになる人もいれば、人脈や営業スキルを生かして、起業などをする人もいて様々です。

一つ言えるのは、ホストとして今まで経験してきた接客スキルや経験は、企業に所属しても必ず活きてくるので、自信を持って行きましょう!

ホストをやめたあとのパターン②:管理職(内勤)になる

お店に立って接客はしないが、お店の運営・経営に関わるパターンです。

たとえば、店舗の雰囲気作り、ホストの教育・マネジメント、給与システムの刷新など、やることは多岐にわたります。

お店の今後の売り上げに関わる重要な役職ですので、人望だけでなく頭の良さも求められるでしょう。

したがって、プレイヤーとして活躍していたり、お客様から人気のあったホストがなることが多いと言えます。

ホストという職業自体が好き!という人にとっては天職かもしれませんね!

ホストをやめたあとのパターン③:独立して自分の店をもつ

ホストとして本気でやっていく人なら誰しも1度は考えるであろう、1番の成功例です。

よくあるのは、お店で働いているときに人気が出て、そのまま独立するパターン。

自分の売り上げ以外にも、お店を経営してるのでそこからも収入が入ります。

ただ、気をつけないといけないところとしては、自分だけの売り上げを気にしていてはダメだということ。

従業員たちにも気を配り、お店全体としての売り上げに常に気を使わなければなりません。

ホストの成功例といえばこれ!といわんばかりの夢のあるルートですが、多くの人が目指す分競争率も高く簡単な道ではないでしょう!

ホストって辞めた後どうするの?実際に調べてみた!〜まとめ〜

今回は、ホストの辞めた後はどうなるのか?を調べて見ました。

  • 普通の人生を送る
  • 管理職(内勤)になる
  • 独立して自分の店をもつ

大きく分けるとこんな感じになります。

興味はあっても一歩踏み出すのに勇気がいる職業なのがホスト。

しかし、実際に一歩踏み出して、挑戦してみるとホストでしか得られない経験がきっとあります。

経験は絶対に無駄にはならないので、ぜひ一度挑戦してみるといいと思います!

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。