歌舞伎町の草野球チームはホストだらけ?真相に迫る!

歌舞伎町の草野球チームはホストだらけ?真相に迫る!

「歌舞伎町で働くホスト達が明るい時間に草野球をしている」と聞けば、あなたはどう思いますか?「何かの特別企画!?」「酔っぱらった状態でそのまま試合をしているの?」など、様々な想像が脳内を駆け巡るかもしれません。

今回は、歌舞伎町のホストクラブで勤務するホストが在籍している草野球チームの実態について迫ります。はたしてその実力はいかほど?!

 

歌舞伎町に草野球チームはあるの?

ホストクラブの経営母体となる会社が、他にも様々な事業を展開していることがあります。Smappa!Groupのその一つ。主軸となるのはホストクラブであるものの、他に飲食業、BAR、美容、介護などの会社を幅広く運営しています。

こちらに所属している人達が2012年から続けている野球チーム名が「mappa!」。グループの名前である「smappa!」から「s」の字を抜いて「mappa!」となりました。チームが結成されたきかっけは社内イベントの球技大会です。

ここ数年のジムブームを見ても、体を動かすことがストレスの発散につながることは明らか。他にも「運動不足を解消するのに良い機会」と前向きな思いを持った人達が集いました。

ホストの業界は世間から隔絶されている面もあり、水商売の人間以外と触れ合う機会が少なめ。しかし野球を通じて異業種とコミュニケーションをとることで、健全に新たな人間関係を育めるというメリットがあります。ちなみにチーム名の「mappa!」は「男同士”まっぱだか”の付き合いをしよう」という熱い思いが込められています。

 

実力のほどは?

ホストクラブの野球チームに所属している人達の多くは、楽しむことを目的としています。ガチでやっている人は少なく、笑顔が溢れ和気あいあいとしています。

草野球でも名門となれば甲子園出場経験のある人達を招き入れ、シビアに自分達を追い込む練習をしているチームも。そういったガチ勢と比較した場合、実力で劣るのは確かでしょう。

 

ホストの草野球ってどんな感じ?

ホストの草野球といっても、特別な違いはありません。普段は運動をしている人達が少ないため後半はヘロヘロになるものの、ホスト達は楽しく一生懸命プレイをしています。

興味深いのが普段お店を仕切っている人は、競技中にも仕切るようなポジションになりますし、目立つことが好きなナルシストタイプはピッチャーをやりたがります。グループや店舗の代表が投手を務めるチームも少なくありません。打順でいえば、野球の花形は一番やクリーンナップなど。二番や六番、七番、八番は縁の下の力持ち的な選手が多くなる傾向にあります。

ホストになる人は、自己愛が強いため、みんな目立つポジションをやりがるものの、そこはやはり野球の実力が物を言います。どれだけ自己顕示欲があっても、野球が下手なら地味なポジションに回らざるをえないのが、ホストの草野球を見る上で面白いポイントとなるでしょう。

 

東京スカイツリーグとは?

スカイツリーグとは、素人草野球の頂点を決めるために運営されている私設のリーズです。リーグ名の由来となったのはスカイツリー。「東京に関係があるものを入れてネーミングしよう」という話になり、東京スカイツリーグとなりました。

打者や投手の成績がスカイツリーグのホームページ上で発表されます。月間ベストナインや、年間MVPなどもありますのでかなり本格的といえるでしょう。

草野球チームといっても、経験者が多数所属するところもあれば、野球をほとんどしたことがない人達が大半を占めるところもあります。なるべく実力が拮抗しているチーム同士が当たるよう、前年の成績を指標に独自のチームランキングを割り出して試合を決めていきます。一方的な試合にならないような配慮がなされています。

 

草野球チームの運営方法

最後に草野球チームがどのように運営されているかをお伝えしましょう。Jリーグのようなシステムを採用しており、成績が良いチームは一部リーグにとどまれますが、負けが続くと二部リーグに降格してしまいます。例え緩く野球を楽しんでいても、一部リーグから二部リーグへ落ちるのはかなり悔しいはず。

ホストは職業上、競争に参加することでやる気がアップします。リーグ分けは、参加しているホストの負けず嫌い精神を刺激するため、モチベーションを上げる効果が見込めるでしょう。

 

まとめ

ホストクラブで働いている人達は、夜のイメージが定着しています。しかしホストクラブの営業時間は19時から0時までの1部、早朝からお昼までの2部、お昼から夕方の3部と分かれているため、シフトによっては明るい時間に草野球することも十分可能なのです。日光を浴びながら汗を流すことで、健康を取り戻すホストもいるでしょう。一見、無関係に思えるホストクラブと草野球ですが、実は意外と深いつながりがあったのです。

ホストクラブといえばシャンパンタワーなどのイメージが強いですが、草野球をしていると聞けば親しみが生まれるかもしれないですね。




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。