二日酔いがツラい…一流ホストがしている3つの二日酔い対策とは?

二日酔いがツラい…一流ホストがしている3つの二日酔い対策とは?

ホストになるとつい調子に乗って飲み過ぎてしまい、二日酔いに悩まされることもあるかもしれません。

二日酔いが治らないまま出勤することになると、顔色が悪かったり、いつものようにお酒を飲めなかったりするので、お客様があまり楽しめなくなってしまうかもしれません。

せっかくお客様に来店していただいたのに、二日酔いが原因でいつものコンディションが発揮できないことが続くと、お客様も離れていってしまいます。

また、一流のホストの場合は指名のお客様も増えることでお酒を飲む機会が増えるので、特に一流のホストはこの二日酔いの対策を徹底しています。

そこで今回は、二日酔いを対策するために一流ホストがしていることを紹介します。

この記事を参考にして、一流ホストを目指しましょう!

二日酔いとは?

二日酔いとは、アルコールを分解する肝臓の許容量を超えて飲酒してしまうことで、アルコールの影響が次の日も脳や胃に及ぶことによっておこる症状です。

二日酔いになると、頭痛や吐き気、のどの渇きや胸のむかつき、体の震えや思考力の低下などを引き起こします。

二日酔いはアルコールを分解するときに発生する「アセトアルデヒド」や、色の濃いお酒に多く含まれる「コンジナー」が原因といわれています。

上記の物質は毒性があるので通常は尿や汗として排出されますが、許容量以上に飲酒すると身体から排出しきれず、体内に残ったときに中毒症状が起きてしまうのです。

では、どのように一流ホストは二日酔いを対策しているのでしょうか。

実は、一流ホストがしている二日酔い対策のポイントは以下に記載しているたったの3つです

  • 肝臓の能力を引き上げる
  • 負荷の高まる飲み方を避ける
  • 脱水症状を避ける

では一つずつ見ていきましょう。

一流ホストがしている対策①:サプリメントを飲む

サプリメントの中には、肝臓の機能を強化する成分が含まれているものが多くあります。

中でも、肝臓エキスやビタミンB1/B2/B6、ナイアシンやウコンを含むものを選ぶようにしましょう。

肝機能を強めるとアルコールの許容量が増えるので、二日酔いにもなりにくくなります。

飲酒の30分ほど前に飲むことで効果を発揮するでしょう。

一流ホストがしている対策②:空腹で飲まない

アルコールは空腹状態で飲むと胃の粘膜を刺激し、むかつきや腹痛、吐き気などの原因となります。

また、胃に何も入っていない状態で飲酒すると、アルコールが肝臓へとダイレクトに運ばれるので吸収が早くなり、少ない飲酒量で許容量に達してしまうことがあります。

対策として、タンパク質を摂取するようにしましょう。

特に枝豆や豆腐、焼き鳥やささみ肉などが二日酔い対策に効果があるとされています。

昼食時にも意識的にたんぱく質を取り入れるようにして、お酒に負けない身体を作りましょう。

一流ホストがしている対策③:水をたくさん飲む

アルコールには強い利尿作用がありますので、飲酒時に水を飲まないと脱水症状を併発してしまうことがあります。

脱水症状は、身体の解毒作用を妨げるので二日酔いが悪化することにもつながります。

この時に気を付けたいのが水の温度です。

冷たい水を飲むと気持ち良いですが、吸収されやすいのは体温程度の温かい水といわれています。

仕事が終わった後にシジミ汁やお茶、温めたスポーツドリンクを飲むなら脱水症状対策ができ、二日酔いになりにくいといえるでしょう。

まとめ

一流のホストがしている二日酔い対策は以下の3つの点です。

  • サプリメントを飲む
  • 空腹で飲まない
  • 水をたくさん飲む

上記の点に気を付けて、いつもベストコンディションの人気ホストを目指しましょう!

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。