一流ホストもやっている!?意識すべき言葉遣いやトークのコツ!

一流ホストもやっている!?意識すべき言葉遣いやトークのコツ!

ホストとして働くために整った容姿やお酒の強さなども大切ですが、それ以上に大切なのが相手に喜んでもらえるようなトークをすることです。

正しく、思いやりのこもった言葉遣いができないと、大物ホストになることは一生できないでしょう。

この記事では、『ホストとして相手に不快感を与えないような言葉遣い』『お客様から「もっとこの人と喋っていたい!」と思ってもらえるトーク術』を紹介します。

トークはホストの基本であり、一流と二流三流を分ける究極のスキルでもあるので、ぜひ参考にしてくださいね!

1. トークの基本は言葉遣いから

トーク術といっても具体的にどういうものがあるのでしょうか?

ここでは細かなものから、実際にお客様を楽しませるものまで詳しく解説します。

1.1 丁寧語を使いこなそう

ホストは一般的な接客業とは少し違うものの、『お客様に居心地の良い空間を提供する』という目的は同じです。

相手に不快感を抱かせてしまうことがないよう、丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

例えば「わかりました」よりも「かしこまりました」、「すみません」よりも「申し訳ございません」といった丁寧語を用いることで、人間は無意識レベルで相手に好意を寄せるわけです。

このような丁寧語は、マニュアルを一度読んだだけではなかなか身につかず、実践するのが最適な身につけ方と言われています。

日ごろから意識して丁寧な言葉遣いをすることで、ホストとして働くときにも自然に使いこなすことが出来ますよ♪

1.2 挨拶をしっかりしよう

人間関係を築くうえで挨拶が大切だということは、どこでも言われていることですね。

ホストとして働いていくためには、普通以上に気を付ける必要があります。

・お客様のところに座る場合には「失礼いたします」
・お酒をいただくときには「いただきます」
・席を離れる時には「ごちそうさまでした」
・待たせてしまったお客様には「お待たせいたしました」
・会話や質問を始める時には「恐れ入りますが…」と切り出す

以上のような基本を押さえて、丁寧で敬意のこもった言葉遣いができるように心がけましょう。

また、感謝の気持ちを言葉に表すことは、謙虚さや誠実さなどの印象を相手に与える、お互いの信頼関係を築くうえで無くてはならないことです。

お客様がお店を出る時には「ありがとうございました」といいますが、最後の挨拶の時だけでなく、「ありがとう」という言葉を会話の節々に織り込んで積極的に使うようにしましょう。

1.3 女性を楽しませるトークのコツとは

トークのコツは『相手の話を聞くこと』です。

女性は会話を聞くよりも話したいタイプの人が多いので、聞く時間と話す時間のバランスに注意するようにしましょう。

しかし、相手に話をして欲しいからといって、あまり込み入った質問をして相手を困らせることのないように気を付けましょう。

何事もバランスが重要というわけですね。

特に、年齢や職業に関しては自分から質問してはならないとされています。

話すのが好きか聞くのが好きかは相手の性格によって異なるため難しいのですが、相手に不快感を抱かせてしまうことのないように、観察力を働かせることが重要です。

2. まとめ

ホストとして働く場合にも、接客業と同じくお客様に心地よく楽しんでいただくということが大切です。

  • しっかりとした丁寧な言葉遣いで話す
  • 挨拶と感謝は欠かさない
  • 女性の雰囲気を見きわめて適切な質問をする

売れている先輩を見ていれば、間違いなく出来ているポイントだと思いますよ!

これらを気をつけて、一流ホストを目指しましょう♪

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。