歌舞伎町のホストクラブの営業時間は?どう調べるのか

歌舞伎町のホストクラブの営業時間は?どう調べるのか

歌舞伎町は日本で最もたくさんのホストクラブがある場所です。

ホストクラブというぼんやりとしたイメージがあっても、どのように営業されているのか実態を詳細に理解している人は少数でしょう。

今回は歌舞伎町のホストクラブの営業時間など、細かくお伝えしていきます。

 

歌舞伎町のホストクラブの営業時間って?

歌舞伎町にあるホストクラブの営業時間は、おおむね均一です。

早朝5時からお昼までと、18時から0時までが主流でしょう。

つまりホストクラブで営業していない時間はお昼12時から夕方18時までとなります。

 

ホストは年齢を重ねると足を洗い経営者に回ったり、転職する人が増えます。

これは不規則な時間帯に働きすぎて体を壊してしまうということも関連しているでしょう。

お酒を毎日しこたま飲んで、昼夜逆転の生活を続けていると精神面が不安定になりやすいのも確かです。

 

ホストクラブの営業時間ってどうやって調べられる?

 

ホストクラブの営業時間はスマホやパソコンさえあればすぐに調べられます。

GoogleやYahoo!などで、ホストクラブのある場所と営業時間を入力し検索しましょう。

お目当ての情報にたどり着くことができます。

 

「1部」「2部」「3部」の違い

 

ホストクラブの営業時間は3つに分けられます。

まず1部営業が夕方から深夜までの営業2部営業が日の出からお昼まで3部営業がお昼から夕方までとなります。

お昼から夕方の3部営業を設けていないお店も多いので、最も多いのは1部営業、2部営業となるでしょう。

 

一番盛り上がるのは18時から0時までの1部営業です。

人気の高いホストもこの時間に出勤していることが多いです。

 

2部営業は早朝5時スタート。

「そんな時間帯に来られる人はいるの!?」と疑問を抱く人もきっといるはず。

2部営業のお客さんは、ホステスや風俗嬢といった夜の世界に勤務するお姉さま方。

仕事が終わってから「ホストクラブでストレス解消しよう」と足を運ぶ女性も少なくありません。

特に歌舞伎町は夜のお店がそこら中にありますので、2部営業の時間帯にたくさんのお客さんがお店を訪れます。

 

また主婦の人も来るようです。

3部営業は夜勤の女性や主婦層をターゲットとしています。

水商売以外でホストクラブにはまりやすい層は、保育師、看護師、学生といわれています。

職種やポジションによって生活時間が異なるため、ホストクラブもマーケティングをして、その土地にあった営業時間を定めています。

 

ホストクラブのシステムって? 料金や、指名制などを紹介する

 

ホストクラブの多くが永久指名制度を採用しています。

一度、指名したホストからチェンジできないのが永久指名制度

こちらの制度があることで、ホストクラブ内の秩序が保たれやすくなります。

ホストの世界では、他のプレイヤーの顧客へ手を出すことは禁じ手でありご法度

それをやってしまったホストは「信頼できない奴」というレッテルを貼られ、村八分状態に追い込まれます。

 

ホストクラブは初回料金がかなりリーズナブル。

歌舞伎町でも5,000円もあれば十分お釣りがきます。

ホストクラブで最もお金が必要になるのがシャンパンなどのアルコールです。

安いシャンパンでも15,000円ほどで、高級なものになれば10万円を軽く超えるものも。

シャンパンが入るとシャンパンコールといわれるマイクパフォーマンスなどで、注文した女性のいるテーブルをホスト達が全力で盛り上げます

この時間こそ客の女性にとって麻薬のような時間帯

「今、あたしみんなに見られてる!」と承認されている実感を得ることができます。

「シャンパンコールは5万円以上のお酒から」と定めているお店もあるようです。

シャンパンコールはホストクラブにとって重要な収入源です。

 

観光地化する歌舞伎町

 

東京へ観光に行く人が歌舞伎町へ行くことを伝えれば、かつては「そんな危険な場所行って大丈夫?」「注意した方がいいよ」などと心配されたものです。

歌舞伎町にはそれくらいダーティーでネガティブなイメージがこびりついていました。

しかし今は歌舞伎町も様変わりして、明るい街に変わりつつあります。

 

最先端のVRで心行くまで遊べる「VR ZONE SHINJUKU」や、日本で最も大きな謎解きのテーマパーク「東京ミステリーサーカス」、自らスパイになりきるミッション遂行型の施設「in SPY re(インスパイヤ)」など、面白い施設が盛りだくさん。

ホストやホステスがたくさん働く街という特性を使った「歌舞伎町ブックセンター」では、ホストやホステスが恋愛相談に乗ってくれるなど、他店ではない企画が話題になっています。

テーマを「LOVE」に絞り、恋愛や人の愛にちなんだ書籍しか置かないという尖った方向性がネット上でもかなり好評を博しています。

 

歌舞伎町は夜の街というイメージが強いものの、今では観光地化してきており、安全性も昔と比べものにならないほど高まっています。

 

まとめ

 

ホストクラブの営業時間は風営法に則っているため、系列グループが違っていてもそこまで大きな違いは生まれません。

また永久指名制度なども、歌舞伎町に限った話ではなく、全国のホストクラブで採用されています。

経営者やプレイヤーの顔ぶれが違っても、ホストクラブの概要は同じと考えて問題ないでしょう。




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。