ホストの求人は嘘も多い?時間を無駄にしないために要確認!

ホストの求人は嘘も多い?時間を無駄にしないために要確認!

「この仕事をするぞ!」と気合いを入れて、求人募集に応募したら嘘ばっかりというケースがよくありますよね?実はホストの世界も同じ。ホストの求人にはどういった嘘が多いのかを徹底分析。あらかじめ”求人広告の嘘”を理解し、見破り方を身につけておけば、痛い目に遭う機会を回避できます。超情報化社会の日本だからこそ、情報に踊らされない知恵が必要。それではホストの求人に関する嘘をチェックしていきましょう。

 

ホストに限らず、求人は嘘が多い

冒頭でも記したとおり、求人広告そのものに嘘が多いのは隠しようがない事実。

 

嘘にまみれているのは、何もホストの求人に限ったことではありません。例えばブラック企業の広告のほとんどが嘘の情報

「定時に帰れます」「和気あいあいとした雰囲気の社内で一緒に楽しく働きませんか?」「多額のボーナスをお約束!」といった謳い文句をあなたも目にしたことがあるはず。悪質な会社なら、これらの広告の文言がすべて嘘であるケースも…。

 

それどころか入社してみれば、「宣伝していたことと全てが正反対じゃねーか!?」と口あんぐり状態になることもあります。そもそも、なぜ広告に嘘を掲載するのでしょう。それは人を集められるから。

なぜ人を集めなければならないのかといえば、劣悪な環境のため離職が止まらないからです。

これらのことはブラック企業に該当することで、他の会社に当てはまらないこともよくあります。しかし、広告はあくまで「釣り要素」が高いのは確か。

人の感情を動かせるような言葉を並べないと、応募が少ないことを求人する側が心得ています。

「人間心理が甘言によってどう動くか?」を知り尽くしているがゆえの施策といえるでしょう。

 

どのような嘘が多いのか

ホストといえば水商売ですよね。

 

水商売の「水」は、水物から由来するといわれます。水物とは「運の影響をダイレクトに受けるため、予測や見込みがしづらいもの」という意味を持ちます。

諸説ありますが、「アルコールなどのドリンク系が欠かせない商売だから水商売」という人も。ホストといえば、やはりお酒が密接に関わるお仕事ですよね。ホストの求人広告で「お酒が飲めなくてもOK!」という文言を掲載しているところがあります。

ズバリ述べると、これは嘘。黒というよりグレーゾーンと表現した方が正確ですね。

 

2019年現在、日本で最も有名なホストのROLAND(ローランド)を例に挙げましょう。

彼のポリシーは「一滴のアルコールも口にせず接客し、顧客を楽しませること」。ROLANDレベルのカリスマであれば、お酒を飲まなくても業務が成り立ちます。

しかし、無名ホストがお酒を飲まずに接客できるかといえばちがいます。なので、「お酒を飲まずに接客できるホストがいるのは事実だが、実はほとんど存在しないという」というのが結論です。

 

「アットホームな」ホストクラブは本当にアットホームなのか

新規のホストクラブであれば、上下関係が緩いところもあります。

そうはいってもホストはやっぱり縦社会。横並びのフラットな関係のみで成り立つものではありません。

そこは勘違いしないようにしましょう。ホストの先輩には、熱くて面倒見の良い人が存在します。お店によっては、かなりアットホームなホストクラブもあります。

ホストの求人欄に「アットホームで働きやすい」と書いていても、その全てが嘘だとは限りません。面接に赴けば、ホストクラブを仕切っている人の人間性やお店の雰囲気が肌でわかります。生の情報を大切にしてくださいね。

 

求人を出していないホストクラブが狙い目

当然のことですが、求人状態であるということは人手が足りていません。

ブラック企業の見分け方」でもよく言われることですが、求人広告を頻繁に出している会社は危険度高し。

慢性的に人が足りていない場所には、必ず人がいつかない理由があります。そういったホストクラブの求人の特徴をお伝えしましょう。それは「嘘を平気で並べること」です。ほとんど求人をしないホストクラブが、珍しくホストを募集しているケースは狙い目。

新たなホストを求人する機会が少ないのは、それだけ働きやすい環境が整っている証拠。

良条件のホストクラブを見つけた場合は是非応募してみましょう。

 

嘘を見抜くには?

ホスト求人の嘘を見抜くには、いくつかのコツがあります。

最低保証金やバック率は、絶対に確認しましょう。お金に関することで嘘をつくホストクラブと良い関係を築くのは至難の業。大手グループは信頼を売りにしているため、悪質な嘘はつきません。そうはいってもお金以外の嘘は、ある程度大目に見るようにしましょう。

グレーな誇張表現などは、どの業界の広告でも共通しているもの。

書類は証拠となるので、保管するのがおすすめです。契約書は必ず細かくチェックしましょう。

労働条件についての確認を済ませ、しっかりと納得した上で契約を交わすようにしてくださいね。

 

まとめ

 

ホスト関連の求人広告で心無い嘘に騙されないためには、掲載されている言葉を吟味すること、条件をしっかり読み込むこと。

 

シンプルですが、これらが最も騙されづらい方法と言えるでしょう。

 

あとは面接でホストクラブ側がどういった応対をしているのかも細かくチェックすることが必要。もし何か不誠実な対応をされたなら、勤務後にさらにストレスフルな生活を強いられるかもしれません。

妥協することなく、先方が本当のことを口にしているのかを、つぶさに観察してみてくださいね。




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。