「綺麗ですね」はNG!? 歌舞伎町のホストに聞く、女性の褒め方のコツとは?

「綺麗ですね」はNG!? 歌舞伎町のホストに聞く、女性の褒め方のコツとは?

「女性を会話で楽しませたい!」
「いい気分になってもらいたい!」
「モテたい!」

すっごくわかります。笑

女性にモテるためとなると、かなり真剣に努力しちゃいますよね?

その点、筆者がホストとしての経験だけでなく、一人の男としての経験からも言えるのは、「褒め上手にであること」は、相手を楽しませたりモテるうえでは、非常に重要だということ。

これは、皆さんもご承知のことと思います。

 

では、皆さんは女性の褒め方にもルールがあることはご存知でしょうか?

どんなことでもそうですが、戦略なしに闇雲に突き進んではいけません。
しっかりと「お作法」を理解しつつ実践することで、スマートに、最短距離でモテテクを身に着けられれば、言うことはありませんよね!

というわけで、女性の褒め方を何度も試行錯誤してきたホストとして、“今から使える”褒めテクニックをご紹介します。

 

なぜ「褒める」が重要なのか? ~はじまる前から勝負は決まっている~

具体的な方法に移る前に、「褒める」がなぜ重要なのかをしっかり理解しましょう。

これはよく言われますが、褒められて嬉しくない方はほとんどいません。

ですから、まず「褒める」を実践することで、相手の女性に好印象を与えられる可能性があります。(少なくとも悪い印象を与えることはないと思います)

 

次に、これが重要なのですが、他の男性との「差別化」にもつながる可能性があるのです。

細かい点にも注意を払うことができる男性は意外と世に多くはいません。
さらに、気づいたとしても上手く褒められる男性は、もっと数が減ります。

したがって、そうした細かい点に気づいて、さらに褒め言葉にすることで、相手の女性に「おっ。この男、ちょっと違うのかも」という印象をうっすら植え付けることができる可能性があるのです。

 

以上のことから言えるのは、女性と出会う前に、「細かい点を見る」であったり、「褒める」が癖づいているか否かで、すでに勝負が決まってしまう場合もあるということ。

10人の女性に出会って、1人がこれだけであなたを好きになるとしたら・・・?

この重要性を、しっかり押さえておきましょう!

 

ホスト流、初対面の女性の褒め方 ~一番最初にどこを見る!?~

■ アクセサリーや小物をチェックしましょう

あなたは女性にはじめて会った時、何を考えていますか?どこを見ていますか?
まさか、「顔、胸、足、おしり、うなじなど、自分のフェチなところばかりチェックしている」、な~んてことはありませんよね?笑

「ホスト流」にアドバイスするならば、アクセサリーや服などを、はじめに見ておくと良いと思います。

どんな相手でも、好意を持ってもらうことが非常に重要。
「褒める」というのは、誰にでもできる最初の「言葉のおもてなし」なんですね。

その点、アクセサリーや服などの小物は誰しも身に着けていますから、全員に通用する褒めポイントとなります。

さらに付け加えると、その人が自分でも特に得意げに思っているであろうモノを、さりげなく褒めるといいと思います。

明らかにデート目的の靴、ベルト、カバン、ストールなど、どこかに特色があるはずです。

■ 女性との共通の話題が生まれる可能性を高めよう

さらに言いますと、メジャーなブランドはもちろん、普通の人が知らないようなブランドまで知っていると、「わかる人なのね!」と共感を得られるかもしれません。
つまり、出会って間もなくして、いきなりの「共通の話題」を見つけられる可能性があるということです。

ホストという職業柄では特にそうなのですが、もちろん同僚との競争はありますし、自分のアピールできる時間も限られています。
その中で、「共通の話題」を見つけられる機会は、多いに越したことはないのです。

もし可能であれば、女性が好むブランドは、ある程度知っておくと良いと思います。

■ アクセサリーを褒めるときの注意点

一点、アクセサリーを褒めるときの注意点をお伝えしておきます。

ホストの場合だと特にありがちなのですが、相手がつけているブランドのアクセサリーが自分の好きなブランドで、かつ、同じものを実は持っている場合です。

つい自分の話をしがちなのですが、「自分は手が届かない」ということにしたほうが良いです。笑

というのも、そういう場合はどうしても「自分本位」に聞こえてしまいます。
基本的に、「自分の話題は、相手からの質問があった場合だけにとどめる」というルールを作っておくといいかと思います。

それ以外は、すべて「相手本位」が基本。
相手が心地よくなるために、自分の自慢は不要です。

謙虚な姿勢で、自分がへりくだるようにしましょう!

 

ホスト流、褒め言葉の選び方

おそらく上記だけでも相当の効果があるはずですが、ここからは具体的な褒め言葉の選び方について、簡単に触れておきます。

■ 「綺麗ですね」という褒め方は、正解に近い間違い

女性を褒める言葉で最も選ばれるフレーズの1つが、「綺麗ですね」という言葉。
これは、間違いではありませんが、「初心者」といったところです。笑

というのも、「綺麗ですね」はあまりにも月並みですから、印象に残りませんし、「テキトーなお世辞でごまかす人なんだな」と思われてしまう可能性も、ゼロではありません。汗

つまり、「本気でそう思っている」と伝わるフレーズが重要です!

たとえば、「どうやったらそんなにお綺麗になるんですか?何か秘訣でもあるんですか?!」という言葉。
ちょっと大げさにも聞こえますが、思い出してください。
褒められてイヤな人は基本的にいません。

相手のよいところを、ちょっと大げさめに表現する。

お決まりの褒め言葉も、少しのアレンジでより効果的になるのです。

■ 具体的に女性を褒めよう

また、ピンポイントで褒めることも有効なテクニックです。

「綺麗」という言葉一つとっても、具体的に「足が綺麗ですね」の方が良いですし、足のどこがというようにより具体的に観察することでより良い褒め言葉になります。
例えば、「足のラインがすっごく素敵ですね!」という褒め言葉。
これは個性を感じさせますし、相手の印象に強く残ります。

ただし!
部位によってはイヤらしさがかなり高くなりますので、ご注意ください。笑

 

女性を褒める場合の注意点

特に25歳以下の若い女性は、安易な言葉で褒めないほうがいいです。

彼女達は、自分の若さがウリであることを本能的にわかっていますし、安易な褒め言葉を連発すると、わずらわしく感じる可能性も高いのではないかと思います。(もちろん人によりますが)

逆に言えば、「お姉さん」は褒め言葉をそのまま受け取ってくれる可能性が高かったりします。
また、下手な褒め言葉を投げてしまった場合でも、受け流してくれる場合が多いと思います。

当たり前のことですが、相手に合わせて褒め方を変える心遣いが必要です!

 

ホストが教える褒め方のコツ!〜まとめ〜

以上、日常的に女性と接する機会が多いホストの視点で、女性の褒め方について述べてきました。

「女性に」とは言いましたが、要は、、、

● 自分はへりくだる
● 相手に興味を持つ
● 良いところを言葉にして、伝える

ということです。

これは、「人間関係の基本」とも言えるのではないでしょうか?

信頼できる友人を作りたい方、取引先と距離を詰めたい方など、応用して使えるものなので是非お試しください!

きっと、「女性の褒め方」を追求していたつもりが、「人間関係を良好にする」という思わぬ成果が得られるのではないかと思います♪

 




いかがでしたでしょうか。

歌舞伎町ホストクラブ、NGG(ニュージェネレーショングループ)では、新規のホストメンバーを募集しています。
未経験者大歓迎。人気ユーチューバーのぷろたん、ラファエル、カブキンも体験入店、来店したNGGで是非一緒に働きましょう!

ぷろたん体験入店の動画はこちら



求人の詳細情報は、LINEにてお問い合わせください


1.LINEで友達申請
2.求人に興味ありと送信
3.担当者から返信が来て日程調整
4.面談
5.採用

の流れで進みます。