「アイデアを出すだけの人」より「それを理解してサポートできる人」のほうが10倍優秀。感謝して大事にすべき

こんばんは。歌舞伎町でホストクラブを運営するNGG(NEW GENERATION GROUP=ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は、アイデアマンばかりが持て囃されがちな世の中に対して、「アイデアを理解してサポートする側も大変だし、そっちの人間もメチャクチャ優秀だぞ」という僕の考えを書いてみます。

アイデアを「思いつくだけ」なら誰でもできる

事業のアイデアを次々と思いつく人や、「これをやろう」「あれをしよう」と、やたらと新しいことを始めようとする人っていますよね。

その発想力は、その人の武器であり、素晴らしい能力です。

でも僕は、「そうしたアイデアを理解してくれる人も、メチャクチャ優秀な人間だ」ということを伝えたいです。

極端な言い方をすると、「アイデアを思いつく人」よりも「そのアイデアを1から10まで理解して、実行をサポートしてくれる人」のほうが、10倍は優秀だと思います。

世の中では、「すごいアイデアで成功した人」が持て囃されます。

そうした成功者のマネをして、斬新なアイデアばかりを次々と出す人もいます。

でもアイデアって、「思いつくだけ」なら誰でもできるんですよ。

アイデアを「思いつくだけ」なら誰でもできる

新しいアイデアで成功するには、「それをどう形にするか」「誰と一緒にやるか」「予算はどうするか」などなど、細かなプランニングが必要です。

自分にその能力がないなら、アイデアを理解して助言をしてくれる人、後押しをしてくれる人の存在が必要です。

そして、アイデアを理解して形になるまでサポートしてくれる人は、ただアイデアを出すだけの人よりも、何倍もの経験と実行力がある人です。

アイデアを出しまくる人は、そうした人と出会うと、話を理解してくれる嬉しさから、さらにアイデアを出すようになったりしますが、「出しただけ」で満足するのはやめましょう。

そして、そういう人間と出会ったら、その人が上司だろうと部下だろうと社外の人だろうと、メチャクチャ大切にしましょう。

やはりスゴイのは「続けられる人」

僕もNGGグループでは、自分のアイデアを理解してくれて、サポートしてくれるメンバーに日々助けられています。

福富統括はその筆頭ですし、代表者や幹部にもそういう人間が何人もいます。

ただ、責任ある立場になる人間も、やはりタイプは分かれます。

「自分はいくらでもアイデアを出せるから、それを形にするサポートをしてほしい」というタイプもいれば、「アイデアが出ないけど、僕を有名にしてください」というタイプもいます。

どっちが偉いとか、どっちが成功するという話ではなく、これはタイプの違いです。

そして、アイデアを出す側でも、もらって実践する側でも大切なのは、「自分はこの組織をこんなふうに変えていきたい」という意志を持って、その実践を日々続けられる人です。

そういう意味では、「アイデアを出す人が偉い」「もらってサポートする人が偉い」とはいえないですが、努力を続けられる人はやっぱり偉いです。

仕事でいちばん大変なのは「続けること」です。

それができる人間が、人の上に立つべき人間だと、僕は思っています。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募
NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!