「チャンスは才能と努力で掴み取るもの。チャンスがきた時には才能を疑ってはいけない」。僕がTwitterで感銘を受けた言葉について

どもども。歌舞伎町でホストクラブを運営するNGG(NEW GENERATION GROUP=ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は僕がTwitterで感銘を受けた言葉を引用しながら、仕事上の「やるべきか、やめるべきか」の選択で迷ったときに考え方について書いてみます。

「やるべきか、やめるべきか」の選択でネガティブになる人


やるべきか、やめるべきか。

そうした二者択一を迫られて、大いに迷うことは誰でもあるでしょう。

特に、仕事に関する大きなチャンスを前にしたときは、

・まだ自分には早いんじゃないか
・自分の実力を考えると大きすぎる仕事なんじゃないか
・失敗したらどうしよう

とネガティブな方向に考えを巡らせてしまう人もいるはずです。

そんなときに思い出してほしいのが

「チャンスは才能と努力で掴み取るもの。チャンスがきた時には才能を疑ってはいけない。努力も怠ってはいけない」

という言葉です。

自分を信じられない人は、目の前のチャンスを掴めない

これは、サッカー解説者の倉敷保雄さんがTwitterで述べていた言葉です。

「凄くいい言葉だな」と感心して、スマホですぐにメモを取りました。

僕の考え方は、本当にこの言葉の通りです。

チャンスが来たときは、自分のことを信じなければいけません。

そして自分を信じるためには、努力をして、万全の準備をする必要があります。

つまり、才能があり、努力を続けてきた人だけが、チャンスを掴めるということです。

大きなチャンスを前に、「やるべきか。やめるべきか」の選択で悩み、やめてしまう人がいるとしたら――。

それは、努力と準備が不足していて、自分を信じられないことが原因だといえるでしょう。

人のため、世の中のためにも「やる」という選択を

また、目の前のチャンスに挑戦すべきかどうかは、自分の損得勘定だけで決めないほうがいいと思います。

たとえば僕が『令和の虎』への再出演を決めたのは、「ここで『出ない』と決めることは、世の中に貢献する機会を失うことになるんじゃないか」と感じたからです。

経営者としてさまざまな経験をしてきた僕は、『令和の虎』に出演することで、自分の能力を活かし、人の役に立てると思っています。

自分のその力を信じています。

もちろん、「今後は一切出演しないことが禊になる」という考え方もあったでしょう。僕もそうした可能性も考えました。

ただ最終的には、「どちらの選択をしたほうが世の中の役に立てるか」と考えて、僕が役に立てると思った「また出演する」という選択肢を選びました。

そして、人の役に立つ選択をつづけることが、僕の禊になると思っています。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募
NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!