「手段の完璧さ」に囚われて「目的の達成」を見失いがち! 完璧主義の弊害と、その脱却法

どもども、歌舞伎町でホストクラブを展開するNEW GENERATION GROUP(ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は、高いレベルで仕事をするひとが陥りがちな「完璧主義の弊害」について書いてみます。

頑なな完璧主義者には仲間も同志もいなくなる

完璧主義の人は孤独になりがちです。

「この仕事はこんな形で進めたい」「自分はこうありたい」「世の中をこんなふうに変えたい」という理想を持つのはいいことです。

ただ、頑なにその理想から動かず、調整も妥協も一切しない完璧主義者には、誰も協力してくれなくなるし、同志もいなくなります。

そして完璧主義の人は「自分に厳しく、人に厳しく」生きている人が多いです。

本人としては「自分と同じレベルを周囲に求めているだけ」「自分はフェアな人間」と思っているかもしれませんが、周囲からは単なるエゴイストに思われていることが多いです。

また人に弱音を吐けず、自分の弱みも見せたがらないので、1人でパンクしがちなのも完璧主義者の特徴です。

もちろん「自分はそういう性格だから」と割り切って、基本的に1人で動く仕事をするのも一つの手でしょう。

でも、仲間を作って大きな仕事をしたいなら、その完璧主義をどこかで変えなければいけません。

「手段の完璧さ」に囚われて「目的の達成」を見失いがち

完璧主義の人にありがちな間違いは、「手段の完璧さ」ばかりに囚われていて、肝心の「目的を達成すること」を見失っているケースが多々あることです。

たとえば「待ち合わせには絶対に遅れてはいけない」と思っている完璧主義の人がいるとします。

でも、待ち合わせに2~3分遅れようが何しようが、現地に着いてからの頑張りで目的が達成できれば、仕事としては何の問題もありません。

待ち合わせに数分遅れたことで、結果のすべてが「失敗」と決まるような仕事は、実際ほとんどないでしょう。

でも完璧主義者には、待ち合わせに遅れたことでナーバスになった結果、肝心の仕事が上手くできなくなってしまう人がいます。

1人で勝手に「手段の完璧さ」とか「過程の完璧さ」に囚われて、それでナーバスになっても、何の意味もありません。

自分も周囲も疲れるだけですから。

理想を描いたうえで現実(リアル)と向き合う

「完璧な理想」をイメージすること自体は、決して悪いことではありません。

大切なのは、理想を思い描いたうえで、現実(リアル)と向き合うことです。

そして、現実と理想のギャップがどの程度あるのかを把握して、自分が何をすべきか考えることです。

もちろん「ここでは完璧を目指そう」という部分があってもいいですが、ときには「この部分は諦めて受け入れよう」という判断も必要になってきます。

どんな人でも完璧に理想通りの自分にはなれませんし、完璧に理想通りの社会も作れないからです。

一方で、目の前の現実ばかりを見ていて、何の理想も抱かない人も僕は問題だと思います。

大切なのはやはりバランスです。

逃げ場を作り、弱みを見せると、逆に支持者が現れる

ここまで書いてきたことからも分かるように、仕事において「完璧を目指すこと」と、何もかもが完璧じゃないと気がすまない「完璧主義者」は似て非なるものです。

完璧主義者には逃げ場がありません。

一方で、完璧を目指しながらも、自分なりの逃げ場を作ったり、人に弱みを見せたりしながら生きることはできます。

そうやって理想を追い求めながらも、ときに失敗したり、逃げたり、弱音を吐いたりする人って、すごく人間的ですよね。

そういう人には支持者やファンが表れます。

「自分に都合のいい完璧主義」で全然OK

ちなみに僕は「完璧なヒーロー」に憧れている人間です。

日々の暮らしでも「完璧な食事」「完璧な睡眠」を意識して生きていますが、決して完璧主義者ではありません。

「まあ疲れてるときは適当でいいか」とサボることも全然あります(笑)。

言ってしまえば「自分に都合のいい完璧主義」ですが、そのくらいの人間でいたほうが生きるのは楽になります。

あと、時にはサボったりズルしたりすることがあっても、毎日コツコツと努力を継続するのは大切です。

理想の自分に近づくには、とにかく努力を継続するしかないからです。

そして「今日はやる気が出ないな」と思ったときも、何から何までサボるのではなく、「それでもできることは何だろう?」「全部は無理だけど、ここまではやってみようかな」と考えて、その日にできる努力をすればいい。

完璧なルーティーンが一つ崩れたからといって、1日が終わりになるわけじゃありません。

そのほかの部分で、その日にできることをコツコツやればいいし、足りなかった部分やできなかった部分は翌日にリカバーすればいいんです。

完璧主義の人には、そうやって「帳尻を合わせる」という発想がないんでしょうね。

仮に小さな失敗をしたときも、できなかったことに目を向けるのではなく、反省することは反省しながら、さっさと気持ちを切り替えて次に向かえる人が成長をできます。

100点を目指して98点、97点を取ったあとで、力尽きて0点を取ってしまう人よりも、「まあ無理のないように頑張るか」と考えて、コンスタントに70~80点を取っている人が最後には勝ちます。

何から何まで完璧を目指して疲れている人は、ときには物事を自分に都合よく考えて、ラクに生きるすべを身につけるといいでしょう。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募

NGGオーナーのブログの最新記事8件

NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!