弱音を吐けないのは弱い人。弱音を吐けるのは強い人。誰よりも孤独な経営者が「弱音を吐くべき理由」とは

どもども、歌舞伎町でホストクラブを展開するNEW GENERATION GROUP(ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は「経営者が弱音を吐くこと」「経営者と社員が本音で話し合うこと」の大切さについて書いてみます。

弱音は吐くべきだが、「クヨクヨした姿を見せる」のはダサい


歌舞伎町屈指のホストグループ・グループダンディの校長まりもさん(COO)とお食事したとき、「桑田くんは周りから見ると何の苦労もしてなさそうに見えるよ(笑)」と言われたことがありました。

まりもさんの言う通り、僕は飄々と仕事をしているタイプです。

そして僕は、自分がクヨクヨしている姿を見せるのはダサいと思ってます。

ネットの世界だと、いじけている様子をSNSで投稿したり、動画で見せたりする人もいますけど、僕はそういうことはしたくありません。

あと、「クヨクヨしている様子を公開してコンテンツにする」という意識を持っている人は、実際はクヨクヨしてないと思います(笑)。

失敗は「過去のこと」と割り切りつつ、根に持ち続ける

僕は失敗したときの切り替えがメチャクチャ早いです。

「起きたことは起きたこと」「過去は過去」とサッパリ割り切るようにしています。

ただそれは、「失敗を忘れる」ということではありません。

失敗した悔しさ、上手くできなかった悔しさは、心にしっかり刻みます。その改善も続けます。

だから「過去は過去」と割り切りつつも、しっかり根には持っています(笑)。

そうやって悔しさを心に刻み続けて、改善を続けていると、「これだけ改善策を試してるんだから次は絶対に上手くいく」とポジティブな気持ちになれます。

経営者は孤独。だからこそ弱音を吐くべき

そういう性格なので、僕は「悔しくて眠れない」ということはあまりないですが、「大きな決断をしたとき」は眠れなくなることがあります。

大きな決断をすると、「こう動いたからには次はこれをしなくちゃいけない」と考えることがどんどん増えます。

やることをリスト化して、それをどういう順序で進めて、誰に任せて……と考えていくと、まあ思考が止まらなくなるので眠れないです。

経営者は孤独な存在です。

社内の誰よりも未来を見通せていなければいけないし、その景色を共有できる仲間がいないときもあります。

上手くいっているときは孤独でもいいかもしれませんが、未来が見通せないときに孤独なのは本当に辛いです。

だからこそ経営者の自殺率は高いのだと思います。

弱音を吐けないのは弱い人。弱音を吐けるのは強い人

僕も経営者として孤独を感じることは何度もありましたが、ある時期から「自分は孤独だ」とは思わず、どんどん弱音を吐いていくようになりました。

いつまでもクヨクヨしているのは時間のムダですが、弱音は吐いたほうがいい。

弱音を言えなくて、一人で潰れてしまう経営者は本当に多いからです。

だから僕は「弱音を言えない人は弱い人」だと思いますし、「弱音を言える人は強い人」だと思っています。

泣きそうなとき、悔しいときは僕にもあります。

そんなときは、その事業やプロジェクトに関わっている人間を集めて、「話を聞いてくれ。俺はいま悔しくて仕方ない」と話すようにしています。

「そんなことされても社員が迷惑だ」と思う人もいるかもしれませんが、弱音を言えず、ストレスを抱え続けて、会社が立ち行かなくなってしまうほうが社員にとっては迷惑です。

社員の弱音や本音を引き出すのも経営者の手腕

ちょっとした弱音や悔しさを吐き出すことは、社長だけでなく社員にも必要です。

そのような「働く人の本音」は、形式的な会議では出てこないことが多いので、僕は積極的に社員と雑談するようにしています。

経営者が会社のキーマンたちと話す機会を増やすのはいいことですが、会議で要点だけを伝えていればいいわけじゃありません。

会議では出てこないような不安や不満、希望、チャレンジしたいことなどを、どこまで引き出せるかが、経営者の手腕の一つだと思いますし、そのためにこそ雑談が必要です。

大事なことを「3回伝える」ワケ

会議で要点を伝えるだけではダメなのと同様、大事なことを1回伝えて終わりにするのもダメです。

僕は「これは大事だ」と思うことは、最低3回は伝えるようにしています。

これは僕自身も含めてですが、人は1回言われただけのことは簡単に理解できないし、覚えておくこともできません。

広告や営業の世界でもそれは同じです。

看板で見かけただけのものは強い印象には残りませんが、それをウェブ広告で見かけて、チラシで見かけたら、頭に印象が刷り込まれます。

社員に大事なことを伝えるときも、同じことを意識しなければいけません。

同じことを2回伝えたら、「たしかオーナー、前もこの話していたな」と気づくでしょうし、3回伝えたら「しつけぇな」と思うでしょう(笑)。

でもその段階になって初めて、「オーナーがそんなに何度も伝えるってことは、重要なことなのかな」と考えてくれる人が多くなるんです。

だから社員とは話す機会を増やすべきだし、そこで大事なことを繰り返し伝えていくことが大事なんです。

空間のクオリティが会話のクオリティを左右する

なお社員との雑談は社内でするのもいいですが、よりリラックスできる空間や、非日常を感じられる空間を活用するのもおすすめです。

僕は本音で話し合いたいときは、会議室とか手軽な居酒屋ではなく、ちょっとオシャレな空間を利用します。

それは相手のためにもなるし、自分のブランディングにもなると思っています。

リラックスしながら本音で話せる空間として、僕は自分でシーシャバーを作りましたし、最近はグランピング場の会員にもなりました。

そうした空間で社員たちと話すと、やっぱり普段は出ない言葉が出てきます。

「場所のクオリティが会話のクオリティを高めてくれる」ということは確実にあるわけです。

グランピング場は「本音を話し合う場所」にも向いている

グループ店舗のMajestyが店舗を拡大移転する前、メンバーたちとはグランピング場でキャンプファイヤーを囲みながら話をしました。

最初はキャピキャピしながらバーベキューや花火をしていましたが、それで終わってしまったら「ただの楽しい思い出」で終わりです。

夜8時くらいに「じゃあ、そろそろ全員集まって」と声をかけて、「拡大店に向けて、いま自分が思っていること、感じていること、自分の課題、何でもいいから話してごらん」と言って、各々に話をしてもらいました。

「1時間だけ喋ろうか」と始めましたが、気づいたら5時間は話し込んでいましたね。

やっぱり自然に囲まれた場所で一緒に料理を作って、火を囲んで、一晩を共に過ごしたら、気分もいい具合に高揚するので、普段は話せないことも話せます。

人の本音を引き出すためには、空間や時間をうまく活用して、マインドのセッティングを変えてあげることも大事なんです。

組織を大きくしたい時期こそ、本音で話し合う機会を

キャンプファイヤーを囲みながら話をして、そこで出てきた本音は、一緒に働くメンバー同士も知らないことが多かったと思います。

仲のいい間柄では本音を話すことはあっても、後輩は先輩が考えていることを知らなかったり、先輩は後輩が考えてることを知らなかったりしますからね。

そうした考え方の共有がほんの少しできていないだけで、組織は簡単に壊れることがあります。

Majestyはこれから大きく力を伸ばすべき時期なので、お互いがすれ違っている場合ではありません。

だからこそ、今みんなが思っていることを吐き出してもらい、考え方をすり合わせる時間が必要だと思ったわけです。

結果として、Majestyのメンバーで行ったグランピングはとてもいい時間になりました。

Majestyには無責任な人間が一人もいないので、そうしたメンバーとは本音で話せば話すほど、いい仕事ができるようになります。

グランピングで話し合いの機会を設けることは、今後も定期的にやっていきたいですね。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募
NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!