「見た目の良さ」は自信にも成功にもつながる――ホストクラブのオーナーが美容と体型維持に気を使うワケ

みなさんこんばんわ。歌舞伎町でホストクラブを展開するNEW GENERATION GROUP(ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回のブログでは、ホストという仕事における美容や体型維持の大切さと、僕が心がけていることについて書いてみます。

理想のオーナー像に向けて美容にも取り組む

僕は2~3年ほど前から「自分だけのホストクラブのオーナー像」を作り、そこに近づくことを意識してきました。

30代半ばの年齢に似つかわしくない、肌の若さと運動能力もその一つ。

フットサルもバイオリンも、読書もジム通いもしていて、「1日が何時間あるの?」と思われるような多趣味ぶりも、理想のオーナー像の要素の一つです。

そしてホストクラブは「美」を大切にする場所なので、オーナーが美容に気を使うのは当然のこと。

オーナーは「ホストクラブのトップだから、やっぱり肌もキレイですね」と言われるような存在でいなきゃいけません。

「手にする大金にふさわしい見た目」を保つのも仕事の一つ

また大金をいただいている仕事でもあるので、その金額にふさわしい見た目を保つことも仕事の一つだと思っています。

自分の「見た目」が他人に及ぼす影響力は非常に大きなものがあります。

「この人はオーラあるな」と思わせることができれば、ビジネスでも接客でも、その人は良い結果を出すことができます。

また見た目に自信があれば、自分の仕事や自分の生き方にも自信が湧いてきます。

そして美容でも何でも、毎日小さなことをコツコツと積み重ねると、「これだけのことを続けてるんだから、自分は成功して当たり前」というマインドも手に入れられます。

余分な脂質を取ってトレーニングの時間をムダにしたくない

そうやって自分の理想像を持つようになると、食生活も変わってきます。

食べ物は自分の身体を作るものだからです。

僕は食に関しては、全体でバランスを取ることを大事にしています。

僕はけっこう高いお店も行くし、そこでは脂っこいものを食べるときもある。

そしたら次の日は「今日はさっぱりしたものを食べよう」と考えます。むしろ、「そういうものを食べたいな」と思うように自分を仕向けています。

おやつについても、筋トレイヤーとしては脂質を控えたいので、和菓子と洋菓子を選べるときは和菓子を選びます。

あと炭水化物オンリーのタフグミをよく食べてます。

グミは適度に糖質も取れるし、噛むことで満腹感も得られるし、ストレス発散にもなるから、メチャクチャおすすめです。

筋肉を付けるためにはタンパク質を意識的にとってます。

だから焼き肉を食べるときも頼むのはカルビじゃなくてロース。ロースを頼んでも、外側に付いている脂身は絶対に取ります。

そこまでいくと少し強迫観念が入っちゃってますけど、「そのほうが健康的でいられるな」と思うと、やっぱり要らないものは摂取しません。

基本的には「自分にプラスになる食べ物」を中心に食べるようになりました。

そして僕は週2でジムでトレーニングもしているので、「余分な脂質を取ってあの辛い時間をムダにしたくない」とも思ってます。

トレーニングは凄く疲れますが、僕はずっと家にいるほうが疲れます。

僕の身体のどこかが痛くなるのは、だいたいは「ずっと家にいた日」です。身体が凝り固まっちゃうから疲れるんです。

だからトレーニングをして疲れたほうが、結果的に疲れは残らない。

外に出て身体を動かして、身体を疲れさせたほうが健康でいられます。僕はそういう身体になってるし、意図的にそうしたところもあります。

筋トレはどれくらいすればいい?「一生ですよ、桑田さん」

僕が体型や見た目に一段と期を使うようになったのは20代半ばの頃です。

社長になって2~3年で、ストレスもピークに達して、メチャクチャ太った時期があったんです。

当時は今より若かったから食欲も旺盛だったし、食べるのはハンバーグとかオムライスとか高校生みたいなメニュー。

そういう食事を摂ってると、やっぱりニキビもできてきます。

それで鏡に映った自分を見て、「キモッ!」って自分で言ったんですよね。実際、お腹もダルンダルンでしたから。

そこで「お前はどんな人生を歩みてえんだよ」「一体どうしたんだよ。今のままじゃ絶対ダメだろ」と自問自答をして、筋トレをはじめました。

それから筋トレ歴は10年くらいですかね。

最初は自重トレーニングと食事制限を組み合わせて、ガリガリに痩せました。

でもその体型も、「それじゃホストクラブのオーナーっぽくねえだろ」「力強さも欲しいよな」と思って、トレーニングを変えました。

昔は体がヒョロヒョロすぎたのがコンプレックスだったし、「せっかくお金も時間もあるんだったら、筋トレで身体を変えてみようよ」と自分を焚き付けたわけです。

そして、最初に出会ったトレーナーはとてもいい人でした。

「筋トレってどれぐらいやったらいいんですか?」と聞いたら、「一生ですよ、桑田さん」と教えてくれました。

その言葉は今でも心に残ってます。

どんなにハードなトレーニングをしても、やめてリバウンドしちゃったら意味がありません。

続けられないものは最初からやらなくていいんです。「一生続けられることをするべきだ」と、それから考えるようになりました。

それは筋トレ以外でも一緒ですよね。どんなことでも、途中で投げ出したり、やめちゃったりしてゼロに戻ってるものって結構多いですから。

その点、僕はバイオリンでも筋トレでも「始めたら何でも続けられる」というのは一つの特技かもしれません。

それは始める前に、「どんなことなら続けられるか」をひたすら吟味しているのもあると思いますけど。

筋トレも美容も「一生続けられること」をするのが大事

だから僕は運動も美容も「一生続けられるかどうか」ということを常に考えてますし、「少しだけでも続けること」を大事にしています。

身体が疲れ切ってるときも、「無理なら無理でやらなきゃいいや」と思って頑張ってジムには行きます。

それで「下手したら20分しかできないかもな。いや、10分でいいから頑張ろう」とハードルを下げると、ちょっとは身体を動かせる。

それでも行かないよりは全然マシだし、無理のない範囲でトレーニングを継続できます。

読書なんかも同じですよね。

1冊読み切ろうと思うと本を手に取るのもイヤになりますけど、「まず2~3ページをパラッと読んでみよう」と思うと手に取れる。それで楽しければ続ければいいんです。

最初の手を付けるまでが大変なので、「ハードルを下げてもいいから、とりあえず手を付ける」というのが大事なんです。

それで手を付けられれたら、「ヤバい。自分偉くない?」と自分を褒めてあげる。

自分を甘やかして、自分を乗せてあげれば、「やりたくないな」「辛いな」と思うことも一生無理なく続けられるはずです。

体型や髪型はホストの売れ行きを左右する「パッケージ」

体型維持は現役のホストにとっても当然大切です。

ホストは自信満々でいるべき仕事だし、「いきすぎたナルシスト」くらいが歌舞伎町ではちょうどいいんですよ。

そして体型や見た目が大事なのは、自分が「商品」だから。

中身がいくらいいものでも、パッケージがシワクチャだったら、だれも目に止めないし、買おうともしないじゃないですか。

ピシッときれいに包装されていてこそ、それは売れる商品になると思うし、ブランドになるわけです。

そして自分のパッケージは自分で作るものです。

体形、髪形、服装など、人によって重視する要素は変わってくるでしょうが、とにかく大事なのは「自分に自信を持てていること」。

好きなものを飲み食いしていいですが、「自分をどう売るか」は自分が決めることです。

少しでも「自分に自信のつく時間の使い方」をしたほうが、その人は成功に近づくことができるでしょう。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募

NGGオーナーのブログの最新記事8件

NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!