失敗しても傷つくのは心だけ。仕事を「ロープレ」だと考えて積極的に挑戦を

どもども。歌舞伎町でホストクラブを運営するNGG(NEW GENERATION GROUP=ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は、ホスト業界を例にとりながら、「失敗しても傷つくのは心だけだから、どんどん挑戦をしたほうがいい」という話を書いてみます。

仕事で心が傷つくことはあっても、身体が傷つくことはない

ホストの世界には厳しいことも沢山ありますが、昔と比べれば労働環境は格段に良くなりました。

僕が20歳でこの業界に入った15年前は、本当に裏社会の人間が周囲に沢山いました。

内勤さんが刺される事件も実際にあったくらいです。

でも、今のホストの世界はクリーンになりました。

危ない人が周囲にいることはないですし、失敗して心が傷つくことがあっても、身体に傷を負うようなことは起きません。

だからこそ、若いホストたちには積極的に新しいことにトライしてほしいと思っています。

仕事を「ロープレ」だと考えて、どんどん挑戦を

大きな失敗をすれば、心に深い傷を負うかもしれませんが、それだけで死ぬことはありません。

だから「これはホストという仕事のロールプレイングゲームだ」と考えて、積極的に動いてほしい。

HPが減ったら休んで回復するのを待てばいいだけです。

新しいことをやってみる。

人と約束したことを守る。

自分と約束したことを守る。

それを続けていれば、絶対に結果が出ます。

これは他のどんな仕事でも同じだと思います。

元気がないときは人に頼る。元気なときは人を助ける。

新しい挑戦をすること、自分の限界を超えた行動に踏み出すことには、必ず不安が伴います。

「こんなに頑張ってるのに、売れなかったらどうしよう」

「接客の仕方を変えたいと思うけど、それでお客様が切れちゃったらどうしよう」

キャリアの浅い時期のホストは、毎日がそんな不安でいっぱいでしょう。

そして接客業はメンタル勝負の仕事です。

だから不安を抱えたまま働いていても結果は出せません。

不安なときは、どんどん人に頼りましょう。

同期に頼ってもいいし、もちろん上司に頼ってもいい。ときには違う姫様に頼ってもいい。

そうやって、いろんな人にいっぱい頼って生きていきましょう。

そして人間、頼ってばかりではいけません。

自分が元気いっぱいの時期は、周りにそのパワーを与えましょう。

周囲の仲間が困っている素振りを見せたら、有り余っている力を注いで、助ける側に回りましょう。

そうやって自分が「いつも元気で周囲を助けているヤツ」になれば、自分が元気がなくなったとき、必ず周りの仲間が助けてくれます。

お互いに頼り・頼られる関係を作り、そして感謝のスパイラルを生み出す。

僕は自分が率いるNGGをそういう組織にしていきたいと常々思っています。

このブログを読んでいるホストも、それ以外の仕事をしている人たちも、「自分が人に頼れているか・頼られているか」を今一度ぜひ考えてみてください。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募
NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!