「炎上に第三者目線で発言すること」は超無意味! それより自分が直接関われる社会問題を探そう

どもども。歌舞伎町でホストクラブを運営するNGG(NEW GENERATION GROUP=ニュージェネレーショングループ)オーナーの桑田龍征です。

今回は僕が「絶対に意味がない行為」の代表例だと思っている「炎上に第三者目線で発言すること」についてと、僕自身の社会問題との関わり方について書いてみます。

その問題、あなたも見てみぬフリをしてたでしょ?

誰か有名人が炎上すると、ツイッターのタイムラインはその話題でビッシリ埋まりますよね。

僕としては「もう、ええっちゅうねん!」という気持ちで、ウンザリしながら見ています。

たとえば昨年、メンタリスト・DaiGoがホームレスへの差別発言で炎上したことがありましたが、僕は「DaiGoが何を言おうと、それに対してお前が何言おうと、何も変わんねぇだろ」と思っていました。

彼の「ホームレスの命はどうでもいい」という発言にSNSで怒りを発するなら、まずお前がホームレスを大事にしろよ!と思います。

もちろん、当事者に近い立場の人や、常日頃からホームレス支援に関わる活動をしている人が、彼の発言に対して反論するのは凄く理解できます。

僕がSNSを見ていてイラッとするのは、「実はあなたも、この発言が炎上してからホームレスの問題について考えはじめたんじゃないの?」と感じることが多いからです。

あなたは当事者になったことあるの?

炊き出しに参加したことあるの?

普段からホームレスの人たちを大事にしていたの?

そう思っちゃうんですよね。

普段は自分が見て見ぬふりをしていた問題なのに、その問題が炎上したら正義の立場から発言をする。

そんな正義に、僕は意味はないと思います。

僕が「子ども」の社会問題に関わるワケ

ありとあらゆる社会問題に第三者目線で発言をするくらいなら、自分が本当に「何か力になりたい」と思える社会問題に、当事者として関わりましょう。

たとえば僕が関わっているのは、You Tubeの収益を寄付している子ども食堂です。

この収益の寄付は、僕が起こした問題のみそぎの意味もありますが、何となく子ども食堂を選んだわけではありません。

僕が「子ども」の問題に取り組みたいと思ったのは、自分自身があまり恵まれない子供時代を過ごしてきたからです。

僕の家にはお金がありませんでしたし、家庭内暴力も受けました。

小さな頃には、トラウマと呼べるような体験をいくつもしてきました。

だからこそ、自分が経営者として一定の成功を収めて、人に影響を与えられる立場になったからには、子供の問題に取り組みたい。

子供は自分ひとりでは身の回りの問題を解決できないので、それを助けられる大人になりたい。

そう思ってきました。

それを行動に移したわけです。

この収益の寄付を含めて、僕は未来の日本の子供たちにできることをしていきたいですし、ボランティアや社会貢献にも取り組んでいきたいと思っています。

ニュージェネレーショングループでは未経験ホストを大募集中!
ホスト求人募集
代表
ホスト未経験者が9割在籍するニュージェネレーショングループでは、ホストを随時大募集中です!

ホストクラブに興味がある方!

シンプルにモテたい方!

稼ぎたい方!成り上りたい方!

若ければどなたでもご応募いただけます!

 

求人担当
LINEで応募できるから簡単!しょうもない質問でもOK!気軽に求人応募LINEに連絡してね♪
↓ NGGホスト応募はこちらから ↓
lineで応募
NO IMAGE

NGGではホストになりたい未経験者を募集しています!

NGGではホストクラブ業界で唯一ホストクラブ未経験者が稼げるようになる仕組みを研修制度に落とし込んだグループです。未経験だからこそ稼げるようになる!